ホーム    お問い合わせ   
駅鈴・絵馬
後一条天皇即位の際 奉献された駅鈴
駅鈴・絵馬
駅鈴

駅鈴

大化改新の時代の律々制で駅伝の制が定められた。唐の制度にならったもので、官吏の旅行を容易にするため、主要道路に二十キロ前後の間隔で駅をつくり、馬や宿泊所を置いた。ここで公儀の旅行者の証として使用したものが駅鈴と呼ばれる鈴。駅鈴は特権の象徴で、官吏は、これを鳴らしながら往来した。
 南宮大社には、二つの駅鈴が保存されている。この駅鈴は、寛仁元(1017)年、後一条天皇即位の際、諸国の大社四十八社に奉献されたものの一つとされている。
 駅鈴には刻み目があり、その数によって調達できる馬の数が決められていた。南宮大社の駅鈴には刻み目はないが、底に付いている出っ張りの数に意味があったと伝えられている。

絵馬

絵馬

南宮大社には、多くの絵馬も奉納されている。絵馬には歴史を象徴する伝説・人物を描いたものや、鍬、鎌などの金属製の現物を取り付けた「金物絵馬」がある。金物絵馬は現在も奉納されていて、中には機械メーカーが奉納したエンジンや機械メーカーが奉納した歯車などもある。金物の神として信仰を集めた南宮大社ならではの絵馬といえる。

椿説弓張月図

椿説弓張月図

「椿説弓張月図」の絵馬は、江戸後期の作家・曲亭馬琴の史伝長編読物が題材になっている。物語では、弓の名手である源為朝が、九州、琉球に渡って活躍する。画面左に弓を持つ為朝の姿が描かれている。




関羽図

関羽図

「関羽図」の絵馬もある。関羽は中国の三国志に登場する武将。仁義を重んじる名将として人気が高く、学問神、伏魔神、財神として神格化されている。日本では、「三国志演義」などを通じて、江戸時代に流布した。また、長く美しい髯をしていたことから「美髯公」とも呼ばれた。








三韓征伐図

「三韓征伐図」の絵馬は、古事記や日本書記で語られる神功皇后らが新羅を征討したとする伝説的な事件が描かれている。画面右手には神功皇后とその功臣武内宿禰らがいる。海から昇る太陽は日本を象徴している。